青汁について

30代半ばから青汁を飲み始めました。

理由の第一は『健康』のためでした。

若いときと比べて風邪がなおりにくい・・・と感じたのが、青汁を飲み始めたきっかけです。

詳しくは、青汁って本当に効果があるの?からどうぞ!

 

青汁選びのポイント

・値段が安い

大体100円ぐらい、高くても150円ぐらいで選んでいます。

毎日飲むので、200円ぐらいいくとつらいですね。

 

・美味しい

いつも豆乳に混ぜて飲んでいます。

奥さんは炭酸で割って飲んでいますが、それが美味しいようです。夫婦で好みが分かれるところです。

結構飽き性な私ですが、毎日飲むのが楽しみになるぐらい美味しいので、それで続いていますね。個人的な感覚からするとスタバの抹茶オレ(豆乳割り)を飲んでる気分になってます。

 

実際に飲んでみて、おすすめの青汁をレビューしました。参考になれば幸いです。

サンスター「粉末青汁」

IMG_2336

サンスターって歯ブラシなどのイメージがありましたが、健康食品も取り扱っているようです。

こちらは1杯150円ぐらいなので、ちょっとお高めですね。

国産野菜100%だそうです。


サンスターのサイトには「他の青汁に比べると2.5倍!と書いてましたが、売られている青汁は3gが結構あるので、実際3倍ぐらい多いです。

「電動ハンディクリーマー」が初回だけ無料でもらえるようだったので、それに釣られて買ってみました。

飲んでみた感想

味はとっても飲みやすかったですね。ただ甘さがほとんどないので、甘みをなにかで足すとより美味しく飲めました。私はたまに調整豆乳に混ぜて飲んでます。

粉末の量が多いのが驚きました。いつも飲んでたものと比べてみると、

IMG_2338

これぐらい違いました。左がサンスターのほうです。

粉はかなりさらさらしてるので、混ぜやすさはそれほど変わらないですね。

青汁とは関係ないですが、電動ハンディクリーマーで混ぜるとかなりクリーミーな泡が出来て驚きました。正直あんまり期待していませんでしたが。これで調整豆乳+青汁を混ぜると少しリッチな抹茶オレになります。

マイケア「ふるさと青汁」

マイケアふるさと青汁

こちらは明日葉と大麦若葉が入った青汁です。

原材料名をみると

あした葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば粉末、桑の葉末、大麦若葉末

とあったので、あした葉が多く含まれているようです。しかも茎部分が一番多い。

あした葉の茎にはカルコンというものが含まれていて、これが老廃物などを取り除いてくれるようです。

マイケアのサイトではないですが、下記のサイトに詳しく記載されていました。

野菜情報サイト野菜ナビ あした葉

大麦若葉以外の青汁も飲んでみたかったので、試してみました。

原材料のふたつめに書いている「難消化性デキストリン」ってなんだかすごい化学ぽい名前ですよね。最近ではペプシのCMで伊勢谷友介さんが「難消化性デキストリンが・・・」って言ってるので、聞いたことある人もいるかと思います。

これはトウモロコシなどから抽出された繊維質でできいます。こちらも脂肪の吸収を抑え、血糖値の上昇も抑えてくれる効果があるようです。

サンプルと本もついていました。

今だとサンプルだけ飲んで会わなかった場合は返品もできるようですが、もし購入される場合はマイケアのサイトから確かめてください。

マイケア ふるさと青汁

本には青汁のことだけじゃなくて、運動や食べ方など、健康に関することが載っていました。100ページ以上あったので結構しっかりした本でした。

飲んでみた感想

実際飲んでみると、、、漢方のような味がしました!

デザートのように美味しいものではありませんが、美味しく頂くことはできました。

ただ個人的には水だとちょっと漢方の味しかしないな、といった感じなので、豆乳に混ぜて飲んでいます。
※大体いつも青汁は豆乳に混ぜて飲んでますが。

大麦若葉が主成分の青汁のように抹茶の味ではないですが、体にいいものを飲んでる感はすごくあります。